それ違うと思ってもクレームはクレーム

2014/07/15

クレーム対応というのは仕事の中でも特に嫌なものですが、自分たちに非がある場合というのは案外クレームを真摯に受け止められるのでそれほど問題なかったりするんですよね。 それよりも、自分たちの問題点がはっきりするだけにこのようなクレームは意見として重宝したりするものです。 ただ、実際に困るクレームというのが自分たちと関係のない部分で起きた内容のことだったりするんですよね。 主に客側の勘違いなどから発生するものなのですが、それをむげにあしらうことも出来ないだけに本当に困ってしまいます。 途中で勘違いに気づいてくれればいいのですが、大体そのようなことはなくクドクドと嫌味を終始垂れ流されたりするんですよね。 中には途中で気づく人もいますがそのような人でも後には引けなくなったのか、自分の正当さを主張したりするので大変です。 はっきり言って、このような内容のクレームを対応するのは何の足しにもならず不毛なのですが、クレームはクレームなので対応せざるをえないんですよね。

ページの上部へ